News

Exist社はフィリピン貿易使節団に加わり、日本へのビジネスチャンスを広げる

Exist社はフィリピン貿易使節団に加わり、日本へのビジネスチャンスを広げる 768 487 Exist Software Labs

Exist Software Labs, Inc. is one of the economic missions to accompany President Rodrigo R. Duterte to Tokyo on May 30 & 31, Philippine Department of Trade and Industry ( DTI) and Participate in the Philippine Business Grand Business Meeting hosted by the Trade and Investment Department of the Philippine Embassy in Japan .

During the event, selected Filipino companies will conduct one-on-one business matching with Japanese companies in order to introduce themselves in Tokyo, hold seminars, and seek new opportunities for collaboration.

“I am very pleased to be a member of the Filipino mission to accompany President Duterte to Japan, and I am very much looking forward to this opportunity following the SODEC held three weeks ago,” said Exist. CEO Michael Lim says. “This event will be a great opportunity for us and other Filipino companies to get to know Japanese companies better about their products and services and to deepen their relationships.”

The Philippines Business Meeting & Seminar will be held on May 30, 2019 at the Peacock Room on the 2nd floor of the Imperial Hotel Tokyo Main Building. This is a special event held by the economic delegation accompanying President Duterte, who will give a lecture at the 25th Future of Asia hosted by Nihon Keizai Shimbun .

“With years of experience building our integrated IT solutions and services portfolio, as well as software solutions for our international clients, we can help Japanese companies with their application transformation journeys and global expansion. You can do it, “Michael is confident.

Sponsored by organizations such as the Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation ( SMRJ) , the Asia Leaders Association , and the Japan External Trade Organization ( JETRO) , the Philippine Grand Business Meeting is from various sectors such as manufacturing, automobiles, medical care, aviation, IT, and construction. Philippine companies will participate.

Learn more about this Business Matching and Networking Seminar event . [/ vc_column_text] [/ vc_column] [/ vc_row]

ExistがSODEC Japan 2019でDevOpsの価値をハイライト/

ExistがSODEC Japan 2019でDevOpsの価値をハイライト/ 768 487 Exist Software Labs

グローバルコンサルティング&ITリーダーであるExistは5月8日~10日、SODEC Japanに参加し、そのITソリューションおよびサービスを包括するデザインをご提供します。

Japan IT Week春の中でも最大の展示会の一つであるソフトウェア&アプリ開発展(SODEC)はソフトウェアおよびアプリの開発、運用、そしてプロジェクト管理等を扱った日本最大級の展示会です。

Exist社長兼CEOのMichael Limは、PSIADICT、およびその他のフィリピンの参加企業と共に、SODECに再出展し、日本企業とのコラボレーション、パートナーシップの機会がさらに広がることを楽しみにしています」と語り、「日本の組織がグローバリゼーションに直面し続けているため、Existはビジネスのデジタル化を加速することを可能にするために、すぐに利用可能で最高のIT人材群を提供できると信じています。」と提言しました。

イベント期間中、Existは、お客様のデジタルジャーニーを適切に変化させ、導くために必要なアジャイルおよびDevOpsの価値をご提案します。ブースでは、Existの専門担当者が日本でDevOpsを実装する上での課題についてお話し、それらの課題をどのように解決していくかについて、ご提案します。ビジネスアジリティを促進するために、DevOpsの導入価値についての詳細なご説明は、展示会ブースにてExistチームが、さまざまなケーススタディやお客様の成功事例を交えながら、お話することも可能です。

「今日の複雑な事業環境においては、DevOpsの有効活用は、迅速なイノベーションを可能にするために必要不可欠です」とマイケルは語り、「貴社がDevOpsジャーニーを始めたばかりであれ、次なるステージに進もうとしている段階であれ、Existは新しいレベルの自動化や有効性を実現するために必要なツールや戦略を提供し、貴社顧客により大きな価値を提供します。」と提言します。

Existがイベントにおいて展示するものは他にも、テクノロジー・コンサルティングやソフトウェア開発、自動化ソフトウェアテスト、APIインテグレーション、ビッグデータ解析、ブロックチェーン及びモバイルアプリ開発、Anahaw(POSソリューション)、そしてMedcurial(ヘルスケアソリューション)などがあります。

DevOpsの導入は拡張頻度、マーケットリリースへの時間の短縮、そして継続的提供を実現し、品質を向上させるなどの影響を及ぼす、画期的な変化をもたらします。」とマイケルは提言します。「世界有数のクライアントにDevOpsを導入させてきた経験とオープンソースやテクノロジーへの専門知識をもって、日本企業が現在のデジタル・エコノミーにおいて変化し続ける顧客要望や規制への変更。そして国際的なマーケット参入をするためにDevOpsジャーニーを計画、導入する支援をするには弊社を選択することが最適と言えるでしょう。」とマイケルはご概案します。

ExistチームとのSODECでのミーティングの事前登録は: https://exist.com/sodec2019/.

にて受け付けています。

日本のマーケット拡大を視野にExistソフトウエア・ラボ 日本語のWebページを公開

日本のマーケット拡大を視野にExistソフトウエア・ラボ 日本語のWebページを公開 Exist Software Labs

Existソフトウェア・ラボ株式会社は、グローバルコンサルティングとITソリューションのリーディングカンパニーとして、新たに日本語のWebページ(https://exist.com/jp)を開設したことを発表します。

Exist社長兼CEOのマイケル リムは次のように述べています。
「市場をさらに広げ、日本の顧客やパートナーとの関係をさらに向上させるために、新たに日本語Webページを開設することができて嬉しく思います」。この新しい情報満載の日本語のWebページは、日本での大幅な成長を支えるだけでなく、アウトソーシングを必要とする日本企業が、Exist社のITソリューションとサービスを容易に見つけ出し、コンタクトしやすくするでしょう。

新しい日本語ページには、ExistのグローバルWebサイト(https://exist.com)で紹介する製品とサービスに関する内容が、簡潔で具体的に説明され、主要な企業情報詳細がシングルページにまとめられています。

マイケル氏はさらに、「日本企業からの関心が高まっていることを考えると、我々は、日本市場向けのエンド・ツー・エンドのソフトウェア開発サービスを紹介する特別な日本語ページを公開することができてうれしいです。」と話していました。

Existは新しい日本のページを制作するため、フィリピンの企業と協力してオフショア開発を提供する日本のソフトウェア開発会社、universe株式会社(http://universe-g.com)との提携を発表しました。この戦略的なコンサルティングパートナーシップを通じて、universe 社グループは、Existのビジネスを日本で行い、Existの製品およびサービスの販売サポートを提供します。

マイケル氏は更に加えています。「この新しいパートナーシップにより、私たちのソフトウェアの専門知識についての理解を深めやすくなります。」と。また、「私たちは、universe株式会社の協力により、日本での顧客基盤の拡大とコア事業における日本への戦略がより加速すると感じて、います。」とマイケル氏は説明します。
フィリピンの企業が商品を宣伝して販売することができるようになる前には、日本市場への先駆けで、エンタープライズシステムのオープンソースを熟練のために、Existの専門的なソフトウェア知識を提供しています。

これまでの日本の顧客との素晴らしい経験から、私たちはは細部への配慮、品質、、納品期日の考え方を理解しています。これらの新しい取り組みにより、ExistのエンタープライズITサービスとソリューションの市場シェアを拡大したいと考えています。